塗り壁の色々

天然素材を原料とした地球・人に優しい壁材

日本でも伝統的に使用される塗り壁。水・土・植物を原料とした天然素材の塗り壁は近年見直され、注文住宅やリノベーションなどで用いられることが増えてきました。素材のもつ特徴を活かして人優しい・地球に優しい暮らしを考えてみませんか?

人に優しい健康な家

大抵の塗り壁は、湿気を防ぎ、カビ・ダニの発生を抑制したり、気になる臭いや化学物質を吸着・分解する性質をもっています。この性質により、お子様の居るご家族やペットを飼っているご家庭に選ばれています。

有害物質の吸収

有害物質の吸収

多孔質素材を用いた塗り壁は、人体に有害とされる様々な化学物質を吸収する性質を持ちます。シックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」等を無害化、空気を浄化し、健康的な空間を作ります。中でも、「珪藻土」や備長炭を含んだ壁材は特に高い効果が期待されるとし、注目されています。

カビ・ダニの発生を抑制

カビ・ダニの抑制

湿気をコントロールできる塗り壁は、カビの発生やダニの繁殖を抑える効果を持っています。漆喰などの材料として用いる消石灰は特に殺菌作用を持つことから、昔から蔵などで利用されてきました。梅雨の湿気の多い時期は特に効果を発揮してくれます。

ニオイを吸着・分解

ニオイを吸着

塗り壁の特徴である多孔質素材はタバコやペットのニオイ、トイレのニオイなど吸着も特徴。自然の力で爽やかな空間を作り続けます。

環境に優しい

水・土・植物の天然素材で作られる塗り壁は環境への負担も少ない地球に優しい壁材です。

有害物質を出さない自然素材

有害物質を出さない自然素材

自然の恵みから生まれる塗り壁は、施工時にも有害物質を排出しません。さらに廃材もほとんど出ず、耐久性に優れた壁材です。塗り重ねや、補修が可能で永く利用できる、環境に優しい素材といえます。

自然に還る

自然に還る

元々自然の天然素材から作られる塗り壁は解体後も産業廃棄物をほとんど出しません。さらに使い終われば自然に還ることの出来る素材で地球環境に優しい壁材です。

日本に最適素材

四季が有り、湿度の高い日本の風土に合った壁材です。

調湿機能

調整機能

塗り壁は優れた調湿性を備えた壁材です。壁が呼吸し、湿度が高いときは湿気を吸収、乾燥していれば放出してくれ、適度な湿度を保つことが出来ます。冬の結露や梅雨時期のカビの発生などの抑制につながります。

夏は涼しく、冬は暖か

夏は涼しい、冬は暖か

断熱性に優れた塗り壁(外壁)は夏場の日差しを遮断し、熱気の侵入を防ぎます。逆に冬は室内の暖かな空気が外に逃げるのを防いでくれます。室内の温度を快適に保つことが出来るため省エネ効果も期待できる壁材です。

燃えにくい家

燃えにくい家

日本家屋は紙や木などを主とした燃えやす建材を多く使います。その中で塗り壁は土を主材料とするため燃えにくく、内部を塗り壁で仕切ることで防火性を確保することが出来ます。

塗り壁の種類と素材

一概に塗り壁と言っても「土壁」「砂壁」「漆喰壁」などの種類、「珪藻土」「備長炭」「漆喰」などの素材と様々です。特徴と性質を簡単にご紹介いたします。

土壁
茶室や数奇屋建築に好んで用いられる和の雰囲気を持つ壁。土の種類が壁の個性になります。
砂壁
和室や客室に用いられる滑らかな美しさが特徴の壁。種類によって洋室に合うものも。
漆喰壁
消石灰が使われ、調湿・殺菌機能に優れた日本独自の塗り壁。お城や土蔵で知られています。
プラスター壁
西洋漆喰とも呼ばれる。鉱物質の粉末を練った白い輝きと高い硬度が特徴の壁です。
珪藻土
植物性プランクトンから生まれる高機能素材。人に優しい健康素材として注目されています。
備長炭
炭の持つ消臭効果の高さから、飲食店にも採用される吸着効果・調湿効果の優れた素材。
漆喰
消石灰と天然海藻から作られた糊などをあわせた、日本の四季に適した伝統的な塗り材です。

この他にも機能を持つ塗り壁は選ぶ素材により和風にも洋風にも適応でき、壁材として注目を集めています。

デメリット

塗り壁は健康面や環境面でのメリットを多く持ちます。
しかし、素材によってはメンテナンス、コスト、工期などの面でクロスやコンクリートなどに比べ手間がかかったり、高額になったりと言った面も存在します。 しっかり話し合って貴方にあった素材を選んでください。

有限会社東島技工

有限会社東島技工

〒819-0054
福岡県福岡市西区上山門2丁目3-27
TEL 092-885-0785 / FAX 092-885-0867

受付 9:00~19:00
定休 日曜日
(緊急時 24時間対応可能)

メールでのお問い合わせ